鑑定師のつぶやき

2020/10/17(土)

いつもありがとうございます。

鬱気味や、やる気が出ない時は、睡眠の質に問題がある時が多いです。
人間の3つの欲求である、性欲、食欲、睡眠欲の一つです。
睡眠の質が悪いと、食欲や性欲の減退にも繋がります。
おススメなのが、お茶に含まれるテアニン含有のサプリメントを飲むと、良質な睡眠をとることができます。(個人差はありますが)
私は常々言ってますが、占いもサプリメントだと思ってます。
最後は自分の意思で決めることを忘れてはダメですが、気持ちや現状を知る手がかりとして占いは欠かせないサプリメントになると思ってます。
不安や心配は、睡眠の質、睡眠をシッカリとることで、頭にクリアーになって気持ちが整理でき軽減されるのも事実です。
ようは、人間の根源的な欲求を満たしていないことへの、赤ランプです。
サプリメントを取って、実際に眠らなければ効果は半減するのと同じように、占いが全てを解決はしません。
最後は、自分の意思で決めることを忘れてはいけません。後悔を残さない人生(あれをすれば良かった、これをすれば良かったと思わないように!)を生きましょう。
占いをサプリメントとして、より充実した人生を歩めれば最高ですね!
それでは。
みなさんの人生に幸あれ!
公大より

2020/10/16(金)

金曜日担当のLabreです。

お電話メッセージくださる皆さま
いつもありがとうございます。

今週も心霊現象についてお伝えさせていただきますので
ご興味のある方は引き続きお付き合いくださいね。

前回はアメリカの心霊研究に携わった
代表的な3人の人物のうちの2人、
ニューヨーク高等裁判所の判事であった
ジョン・エドマンズ判事と
ペンシルベニア大学名誉教授の
ロバート・ヘア教授のことをお伝えしました。

今日はその3人目、日本では「パイパー夫人」と
呼ばれる女性霊媒師で、レオノーラ・パイパー(1859~1950)
について少し詳しくお話させていただきます。

パイパー夫人は、心霊研究、スピリチュアリズム歴史上において
最も優れた霊媒の一人であったといわれています。
透視能力や千里眼、テレパシー、サイコメトリーや霊言など
あらゆる霊現象を起こす能力の持ち主として知られるようになりました。

45年もの間にわたり、様々な疑いの目にさらされながらも
積極的に科学的な調査の対象となって心霊研究に
協力し続け、パイパー夫人によって
多くの著名人や懐疑論者、
頑固な科学者たちが霊の存在や働き、
死後存続を信じるようになったといわれています。

日本でも「シャーロック・ホームズ」の著者で知られる
作家であり医師のアーサー・コナン・ドイル(1859~1930)も
パイパー夫人が「世界各地で恐ろしい戦乱が始まりますと」
語っていたことを、彼の著書で述べており、
第一次世界大戦を予言した
世界最高級の霊媒の一人として高く評価していたそうです。

次回の待機は22日(木)の11時~17時を予定しておりますので
ご都合が合いましたらぜひ気軽にお立ち寄りくださいね。

皆さまのお電話を心よりお待ちしております。
                                     
                    Labre  

2020/10/15(木)

美凛です。
本日も待機させていただいています。
どのようなお悩みでもお受けいたします。
よろしくお願いいたします

2020/10/14(水)

水曜日担当のsenyouです。

秋も深まってまいりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日はsenyouより、
愛と調和に生きてみませんか、というご提案です。

この世の中から、「争い」がなくなることは、
わたし達、ひとりひとりの意識にかかっています。

まずは批判やジャッジを手放します。
自分の自身のメンテナンスを自分で行います。

毎日の生活の中で意識してみてくださいね。

。。。

◆今週のルノルマンカード 鳥のカード

あなたの魂が表現したいと言っています。

あなたの真実は何ですか?
それをあなたらしく表現してみませんか?

ひととの比較はやめて、
あなたの感じたことを深く見つめ、それを伝えてみましょう。

あなたは唯一無二の存在なのですから!

。。。
どんなときもあなたの気持ちを大切に生きることができるよう
お伝えしています。

鑑定でお待ちしていますね。

senyou

2020/10/13(火)

いつもありがとうございます。

「悔いはあるけれども、後悔はない」とは、ある野球選手の引退の言葉です。
悔いも、後悔も似てますが、悔いは残念に思ったり、悔しく思ったりすることで、後悔は主に行動に対して、こうしていれば良かったとかに使うようです。
私たちは人生に於いて、選択を迫られます。不安に思ったりもしますが、最終決定は自分の意思でするものです。
意思が弱いと、占いに頼りっぱなしになり、守護霊などの意見を無暗に求めたりするようですが、何から何まで助けてはくれません。
いつまで経っても自分の足で立ち上がれず、自分で決まられない人が占いを頼りっぱなしになると、最早、他人に支配された人間になってしまいます。
努力してる人に、神様がヒントを与えてくれることはよくあります。言葉やアイデアを与えてくれることもあります。
努力とは、今できることをすることです。
悔いは、時間の経過と共に変わってきます。感じ方や考え方が変わるからです。でも、後悔だけはしたくありませんね。
後悔が残るぐらいなら行動に移したら良いです。
悔いも、後悔もある人生は、自分の意思で決められなかった人です。
占いはサプリメントです。100%の占いはありません。
最後は自分の意思と気持ちで決める覚悟を持てれば、占いは最高の武器になるでしょう。

みなさんの幸運を祈ります!
公大より

2020/10/09(金)

金曜日担当のLabreです。

お電話メッセージくださる皆さま
いつもありがとうございます。

今週も心霊現象についてお伝えさせていただきますので
ご興味のある方は引き続きお付き合いくださいね。

前回までは、フォックス家で起きた
ポルターガイスト現象「ハイズヴィル事件」について
お話させていただきました。

この事件をきっかけにアメリカやイギリスなどで
心霊研究が始まりました。
スピリチュアリズム啓蒙のために起きた
霊的世界のシナリオであったといわれているように
スピリチュアリズムの成り立ちは
心霊研究から始まります。

今回はハイズヴィル事件をきっかけに
アメリカの心霊研究に携わった人物で代表的な3名を
ご紹介させていただこうと思います。

まず1人目は、
ニューヨーク高等裁判所の判事であった
ジョン・エドマンズ判事です。
ハイズヴィル事件の3年後の
1851年に心霊現象の調査に乗り出し、
1853年には、新聞上にスピリチュアリズムの正当性を発表しました。

2人目は、
ペンシルベニア大学名誉教授の
ロバート・ヘア教授です。
ヘア教授は、心霊現象の実在を証明しました。

3人目は、女性霊媒師のパイパー夫人。
この方については、来週また詳しくお伝えしていきますね。

次回の待機は明日、11時~17時を予定しておりますので
ご都合が合いましたらぜひお立ち寄りください。

皆さまのお電話を心よりお待ちしております。
                                     
                    Labre  

2020/10/07(水)

水曜日担当のsenyouです。

「変化」は好きですか?

変化したくない。

変化するの大好き!

ひとによりそれぞれでしょう。

どちらがいい、わるいということはありません。

あなたが、何を選択するかは自由です。
いつも自由だということを再確認します。

大切なことは、
他の誰でもない、あなたの心に訊いてみてくださいね。

。。。

◆今週のルノルマンカード 船のカード

新たな展開、を選択してみませんか。

目の前の現実にウンザリしているならなおさら!

今までしたいとは思いつつ、しなかった選択にチャレンジしてみるのに
いいときです。

泣いても、
笑っても、
一度きりの人生。

楽しみましょう!

。。。
どんなときもあなたの気持ちを大切に生きることができるよう
お伝えしています。

鑑定でお待ちしていますね。

senyou

2020/10/02(金)

金曜日担当のLabreです。

お電話メッセージくださる皆さま
いつもありがとうございます。

今週も心霊現象についてお伝えさせていただきますので
ご興味のある方は引き続きお付き合いくださいね。

前回は、ポルターガイスト現象の過去の事例の中から
1848年3月31日に起きた
ハイズヴィル事件(フォックス家事件)について
少しご紹介させていただきました。

今回はその続きになりますが、
このフォックス家にまつわる霊が伝えたかった内容についてです。

ポルターガイスト現象を起こしていた幽霊の正体は
ラップ現象を利用し、アルファベットを綴るという
霊との交信を繰り返した結果、かつてこの家で殺された
チャールズ・ロスナーという行商人であることがわかりました。

そして5年前、かつてこの家の住人であった男性に
喉を切られ、500ドルを奪われた後、
この家の地下室に埋められたということが
交信により明らかになったのです。

実際に地下に埋められていたことも判明し
この事件をきっかけにアメリカやイギリスから霊魂を否定する
多くの科学者たちが集まり、初めて科学のメスが入りました。

後にチャールズ・ロスナーの鞄と遺骨が
言われた通りの場所から掘り起こされ
この事件を裏付ける結果となりました。

初めは心霊現象を否定するために科学者たちが取り組んだ研究が、
これをきっかけに肯定する研究へと進んでいき
心霊研究、スピリチュアリズムが始まる原点になりました。

この事件そのものより、重要だったのは
スピリチュアリズム啓蒙のための
霊的世界からの働きかけであり
シナリオのようなものであったといわれています。

この事件が起きた3月31日が
現在もなお毎年スピリチュアリズム記念日として
伝え続けられていることや当時の歴史的背景を考えると、
それだけ大きな時代の転換期を迎えていたのだと思います。

人は死して死なない、たましいは永遠であることを
伝えるスピリチュアリズムは
今このようなコロナ禍である現代にも、
より重要なメッセージとして受け止める必要性があり
大きな時代の転換期、岐路を迎えているのだと強く感じます。

*スピリチュアリズムとは
霊的世界のたましいから現世の人間へ働きかけがあり、
人間の本質、たましいは永遠に存続するということを
前提とした世界観および人間観のこと。
人間の思索によって生み出された主義主張、思想ではなく
高級霊によってもたらされたメッセージを体系化した霊交思想。

次回は10月5日、11時~17時の待機を予定しておりますので
ご都合が合いましたらぜひ気軽にお立ち寄りください。

皆さまのお電話を心よりお待ちしております。
                                     
                    Labre  

2020/09/30(水)

水曜日担当のsenyouです。

今日は9月30日。
あっという間に9月が過ぎたと感じられる方も
いらっしゃることでしょう。

わたしたちは、いつも「今」を生きています。

過去にも
未来にも
縛られず、
今の自分にとって最高最善の選択をする、と
決めてみる。

そういう生き方を選択すると、
結果論として、
目の前の現実が変化することを感じられるでしょう。

。。。

◆今週のルノルマンカード 花束のカード

今月もあなたはよく生きました。

あなたは光の存在です。

地球がどんどん次元上昇することに同調するように

軽やかに目を醒ましていきましょう!

。。。
どんなときもあなたの気持ちを大切に生きることができるよう
お伝えしています。

鑑定でお待ちしていますね。

senyou

2020/09/25(金)

こんにちは!北斗です。

今日の1枚は「吊るされた男 正位置」
自分の考えばかりを通すのではなく、人の意見を素直に聞いて行動する心や様々な意見を参考にする柔軟さをもってください。

予約ができるように設定していますので、お時間がありましたら、予約してみてくださいね。
お待ちしております。


電話占い・メール占いのウラナ